admin Posted on 6:14 午前

メリット・デメリットは何?フォークリフトの求人の特徴とは


フォークリフト作業員の仕事内容とは

フォークリフト作業員は、重い荷物をフォークリフトを操作して運搬する仕事です。運んだ荷物の個数や破損の有無を確認する検品作業も行う場合もあります。勤務時間の大部分が運搬作業になるため、人と接するのが得意でない方でも働きやすい仕事です。工場や倉庫、港などが主な活躍の場となります。フォークリフト作業員として働くためには、フォークリフト免許が必要です。正式にはフォークリフト運転技能講習修了証と呼ばれるもので、学科講習と実技講習を受講し、試験に合格することで得られます。受講資格は18歳以上であること以外に存在せず、試験合格率も95%以上となっており、取得のハードルの低い資格です。

フォークリフトの仕事のメリットとは

フォークリフト作業員のメリットは、体力面が気になる方でも働きやすいことです。基本的に座ったままフォークリフトを運転することになるので、年齢や性別が問題になりにくいです。しかし、冷蔵庫内での作業など寒さがつらい環境で働く求人もあるので、よく確認するようにしましょう。経験があれば50代や60代でも働ける求人が多いのも特徴です。重要な荷物は經驗豊富な方に運んでもらう方が安心できるので、50代や60代でも歓迎される傾向があります。一方で、未経験者だと若くても採用されにくいデメリットもあります。フォークリフト作業員は事故を防ぐためにも実務経験が重要視される仕事です。採用が難しいのなら、物流倉庫や貨物倉庫などで一般の作業員として働くのが良いでしょう。フォークリフトの免許があることを伝えれば、フォークリフトの作業に触れられる場合があります。

フォークリフトの求人は資格が必要です。講習と簡単なテストをクリアするだけで取得可能です。練習をしっかりさせてくれるので合格率は高いです。