admin Posted on 5:18 午前

長く働くために!トラックドライバーの会社の選び方は


荷積み荷下ろしがパレットメイン

パレットとは、運搬する荷物を乗せ、固定するための台のことです。荷物を積む方法には、バラ積みやパレット積みがあり、バラ積みは手作業で荷物を詰め込むことを意味しています。パレット積みは、あらかじめ荷物が詰まれたパレットを、フォークリフトなどを使ってトラックに乗せる積み方です。荷物がパレットに固定されている分、フォークリフトで一気に荷積み荷下ろしが可能となります。運送会社の給料体型は、運賃に対する歩合給にしている会社が多いため、荷物の積み下ろしを頑張っても給料にあまり差が出ません。パレットを使って荷下ろしする方が体力の消耗が少ないので、ドライバーは運転に集中することができます。 ドライバーは身体が資本なので、健康で長く働ける労働環境の求人に応募することが大切です。

資格取得支援制度がある会社

普通自動車免許さえあれば、未経験でも転職できるトラックドライバー。しかし、普通自動車免許だと小型のトラックしか運転できません。仕事の幅を広げ、給料のアップを目指すならば、中型や大型免許の取得を目指すことが大切となります。大型免許の取得費用は大体30万円ほどかかるので、免許取得費用の全額、または一部を会社が負担してくれると、免許も取りやすくなるでしょう。企業の存続率は、10年以上存続する会社が6%、20年以上存続する会社が0.3%と言われており、会社の倒産で転職せざるを得なくなることもあるでしょう。転職活動をスムーズにするためにも、中型や大型免許を持っておいた方が安心です。

ネットが主流の今なくてはならない仕事がトラックドライバーです。店から店へ、工場から店へ、工場から直接家へなど運ぶものも場所も様々です。トラックドライバーの求人は孤独を楽しめる人向けです。