admin Posted on 7:43 午前

トラックドライバーの仕事!?初めてでも安心の知識をつけよう!


トラックドライバーに必要な資格とは

ドライバーに必要な資格といえば、運転免許が必要なのは誰でも分かりますよね。他にも持っていると仕事に受かりやすいのが、フォークリフトの免許です。数日で取れるので、トラックドライバーになりたい人は必須の資格と言えます。持っていればパレットと呼ばれる荷物の塊を一回でトラックに積み込めます。持っていないと手で一つ一つ運ぶ仕事しかできないので、効率も悪くなります。

ドライバーの仕事のメリットとは!?

ドライバーは県をまたいで運行する長距離と呼ばれる仕事や、市内を何往復もする仕事があります。長距離だと何日も自宅に帰れませんが、家に帰りたくない人や旅行が好きな人にはメリットではないでしょうか。また運転が好きな人にもトラックドライバーという仕事はメリットと言えます。

ドライバーの仕事にもデメリットがあります。

長距離では荷物の積み込みが終わったらあとは目的地まで基本的に1人の空間なので快適ですが、長距離では数日の運行になるので、寝る必要があります。しかし、毎回の宿泊でホテルを使えることはないので、トラックの運転席の後ろにある小さいスペースで寝ることになります。窮屈なスペースで数日寝ないといけないので、快適に夜を過ごしたいというのは大きなデメリットになります。

地域によってドライバーの仕事が変わります。

工場地帯にある運送屋では、県外にいく長距離のトラックドライバーの求人が多くあります。逆に市街地のトラックドライバーになると短距離で周辺を何往復もするような仕事の内容が多くあります。大きな港がある工場地帯は燃料や天然資源などを運ぶ仕事が多く、その場合には荷物を人の手で運ばないので、体力的には楽な仕事と言えます。

埼玉のドライバーの求人は免許取得制度を採用している企業があります。費用と期間を担保してくれるので安心できるのです。